GENIEEエンジニアブログ

株式会社ジーニーのエンジニアがアドテクノロジー・マーケティングテクノロジーなどについて情報発信するブログです。

WebのHTTPS化とMAJIN

こんにちは。R&D本部マーケティングオートメーション開発部の杉野です。

今回はMAJINのHTTPS対応についてお話していこうと思います。

HTTPS化のトレンド

昨今はWebのHTTPS化が強いトレンドとなっており、企業が運営するWebサイトのHTTPS化が進んできております。 最近のブラウザベンダの施策により、WebサイトをHTTPS化しない場合、以下のようなデメリットが発生することとなります。

  • ChromeFirefoxといった大手ブラウザは、HTTPSでないページにある入力フォームに対して警告を表示する*1*2
  • GoogleHTTPSで暗号化したサイトの掲載順位を引き上げることを公表*3している
  • HTTPSでないWebサイトからは、HTTPSで暗号化されたサイトのリファラを取得できない
    • リファラはお客様のページ遷移を知り広告効果などを測定するために用いられています
  • 次世代の高速通信規格であるHTTP/2は、現在対応している全てのブラウザでHTTPSの場合のみをサポートする

もちろんこれらのデメリットがあることは別としても、MAJINはお客様の情報を参考にマーケティングの最適化を行う都合上、暗号化を通さずに通信するべきでない内容を取り扱っております。 そのため、通信内容を暗号化しておくことは重要な責務だと認識して対応を行っています。

MAJINタグにおけるHTTPS設定

証明書

MAJINの各種機能を利用するために使用するMAJINタグは、デフォルトでHTTPSで通信するように設定されています。 MAJINのHTTPS通信に使われている証明書はブラウザで確認することができますので見てみましょう。

f:id:tech-geniee:20171023142757p:plain

ご覧の通りこの証明書の発行元はAmazonとなっております。

MAJINのサービスはAWS上で動いており、この証明書はAWSのサービスの1つである証明書取得サービスで取得・設定したものです。 当然ながら有効な証明書となっていますので、MAJINタグはHTTPSによる通信で取得することが可能です。

正しく強度が出るHTTPSの設定

HTTPSは単純に証明書を設置してデフォルトの設定で運用するだけでは、セキュリティ上の問題が残る場合があります。

例えばプロトコルのSSL3.0を有効にしたままでは、POODLEという攻撃手法のターゲットとなります*4

また、RC4などの仕様上存在する弱い暗号を有効にしたままでは、暗号を解読され通信内容を盗み見られる可能性もあります*5

このような設定は知識がないと正しく行うことが難しいのですが、 Firefoxの開発元であるMozillaが、サーバ毎に最適な設定を行えるツールを公開している他、 Qualys SSL Labsでは、HTTPSの設定をしたページのセキュリティレベルを診断するツールを公開して います。

こちらの診断ツールでMAJINタグのセキュリティレベルを調査した結果が以下となります。

f:id:tech-geniee:20171023143222p:plain

十分なレベルを確保していることがおわかりいただけるかと思います。

HTTPS化が必須なサービス

また最近では、HTTPS化が前提の先進的サービスも増えてきています。

最初に説明した通り、高速通信規格であるHTTP/2はHTTPSでなければ有効化できません。 また、MAJINで提供しているサービスの1つで使用しているWebPushも、そのようなサービスの1つです。

WebPushは、スマートフォンアプリで使用されている「Push通知」を、Webブラウザでもで行えるようにするものです。 アプリ開発なしにPush通知を送信できるということで、新機能ながらお客様に好評を頂いているのですが、こちらの機能は導入に際してページのHTTPS化が必須となっています。上記のとおりMAJINはHTTPS化してあるため問題ないのですが、導入先のページもHTTPS化する必要があります。

元々HTTPS化してあるサイトであるか、もしくはHTTPS化の予定があるサイトであれば問題なく導入でき、こちらの方がオプションが豊富なのですが、 中にはどうしても導入サイトのHTTPS化はできないが、WebPushを導入したいというお客様もいらっしゃいます。

そういった場合には、MAJINでWebPush登録専用のHTTPS化されたページを設定し、お客様のサイトからはこのページに誘導するリンクを設置することで、MAJINが管理するページでWebPush登録を代行する、という回避策を取っています。

まとめ

MAJINでは、お客様の情報を守るため、および先進的なサービスを提供するために、積極的なHTTPSの導入を行っております。情報セキュリティ分野は日々情報が更新されるため、現在MAJINに施している設定も半年後には古いものになっているかもしれません。

そのような中でも最新の対策を適用し、安心して情報を任せていただけるようなサービスを提供し続けられるよう、日々努力しています。